抜け毛の原因

抜け毛は、男性の抜け毛 VS 女性の抜け毛

男性の抜け毛: 5αリダクターゼが主な原因です。

女性の抜け毛: 複雑で明確な原因は確定していません。
ストレス、加齢・老化、ホルモン調整の不具合などが原因で、ホルモンバランス不具合を原因とするものは約50%に過ぎず、決定的な原因ではありません。
女性の抜け毛症の最も大きな原因は遺伝子的なものであるというのが現在の学会の考えであり、この対処法は抗酸化素材とオメガ3&6とされています。(ビューリクシールにはこれらが含まれている。)

男性の抜け毛

成人男性の生え際・頭頂部が薄くなる症状はAGA(男性型脱毛症)と呼ばれ、男性ホルモン(テストステロン)が5αリダクターゼという還元酵素により薄毛の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)に変換されてしまうことで起こります。DHTは、DHTの受容体があれば毛乳頭細胞へ侵入し、毛母細胞の成長を終わらせるシグナルを出し脱毛させ、反面、過剰な皮脂を分泌する作用も確認されており、必要以上の皮脂は毛穴を塞ぐので発毛の障害となります。

頭皮とAGAの仕組み

女性の抜け毛

ホルモンバランスが崩れる → 抜け毛の原因

テストステロン(男性ホルモンの一種)

女性においてホルモンバランスが崩れ、エストロゲン分泌が弱まるとテストステロンが強くなり、テストステロン(男性ホルモン)の影響で抜け毛が生じます。(すね毛などの体毛が濃くなることもあり)

エストロゲン・プロゲステロン(女性ホルモン)

通常はバランスのとれた状態で分泌されます。
・エストロゲン(女性ホルモンの一種、卵胞ホルモン): 髪の毛の成長を促す
・プロゲステロン(女性ホルモンの一種、黄体ホルモン): 育毛を維持する

テストステロンとエストロゲン。通常はバランスのとれた状態で分泌されます。
全てステロイド・ホルモン。副腎皮質で分泌されているホルモンの一種で、体内で作られるこのホルモンには、免疫抑制作用や抗炎症作用があります。
薬として利用されているステロイドも、これと同じ働きを持っています。

しかし、出産後にホルモンバランスが崩れる、30代以降加齢の影響でホルモンバランスが崩れる、ストレスで、食生活の乱れで…。
⇒ ホルモンバランスが崩れると、抜け毛の原因となります。

その他の抜け毛の原因

① エストロゲン・プロゲステロン
(女性ホルモン)

頭皮の微小血流循環が悪いと…
・毛根に栄養が届かない
・毛根の細胞に酸素が届かない
・新しい髪が生えにくくなる
・弱い髪が生える
⇒ 抜け毛となる!

② 頭皮の炎症

頭皮の細胞が炎症を起こす
・シャンプー、リンスの不適切な使用
・髪をぬれたまま放置し菌が繁殖
・紫外線
・外的要因
⇒ 頭皮に炎症を起こすと毛根がダメージを受け、抜け毛となる!

③ 頭皮の細胞の酸化

ストレス、公害、食生活の偏り、栄養不足、過労…
⇒ 毛母細胞が死ぬ
炎症を起こし抜け毛となる!

④ 頭皮の細胞の免疫

自己免疫疾患(自分の体を攻撃してしまう)・・・毛根、毛母細胞にダメージ
外的要因に対する免疫の低下
⇒ 抜け毛となる!

ホルモンバランスについて

フラックスシードオイル
フラックスシードにはポリフェノールの一種で「亜麻リグナン」と呼ばれる成分が含まれており、女性ホルモン(エストロゲン様)作用があります。ホルモン分泌量の急激な低下によって起こる女性の抜け毛における効果が期待されます。また、エストロゲン分泌量が多い場合はエストロゲン受容体のいくつかに植物性エストロゲンが入り込むことによって全体的なエストロゲンの作用を弱める働きがあると考えられています。ホルモンバランスを整えることで女性の抜け毛への効果が期待できます。

ボラージオイル
月経前症候群(PMS)の原因として、エストロゲンとプロゲステロンのバランス異常が考えられてきましたが、近年の研究からは月経前症候群の症状を訴える女性の多くが、γリノレン酸の血中濃度が低いということが示唆されています。
これはγリノレン酸が材料となる、プロスタグランジンE1が関係しているといわれています。プロスタグランジンE1はプロスタグランジンE2の働きを抑制し、ホルモンの分泌を正常化する効果があります。体内のγリノレン酸量を補うことで、ホルモンバランスの正常化のサポートとなり、女性の抜け毛への効果が期待できます。

小麦胚芽オイル
ビタミンEは女性ホルモンや男性ホルモンの代謝に関わっています。性ホルモンなどの生成や分泌の調整をする脳下垂体に働きかけます。また、女性は閉経を迎える時期になると、女性ホルモンの分泌が減少してホルモンバランスが大きく変わりますが、ビタミンEは女性ホルモンのひとつである黄体ホルモンの材料でもあり、ホルモンバランスの調節に貢献するため女性の抜け毛への効果が期待できます。

1. 頭皮の血流改善・・・毛根に酸素と栄養を送る

小麦胚芽オイル : ビタミンEには、毛細血管を広げる働きがあり、血行を促進させる。
松樹皮エキス : 抹消血流を促進する。

2. 頭皮の抗炎症・・・炎症を抑えて頭皮のダメージを回避

ライ麦エキス : ライ麦抽出物には強力な抗炎症作用がある。
フラックスシードオイル : 不飽和脂肪酸n-3系脂肪酸は抗炎症作用を持つ。
ボラージオイル : ​γ-リノレン酸は抗炎症作用を持つ。

3. 頭皮の細胞の抗酸化・・・抜け毛の根源となる活性酸素を駆逐

小麦胚芽オイル : ビタミンEは強力な抗酸化成分。
松樹皮エキス : 松樹皮抽出物には強力な抗酸化作用がある。

4. 頭皮の細胞の免疫改善・・・免疫改善で毛ボ細胞を保護、炎症を抑制

ライ麦エキス : ライ麦抽出物には免疫改善作用がある。

NaturSYN ビュリクシール、重要なポイント

  • NaturSYN ビュリクシールの各成分は各々女性の抜け毛に対して効果が実証されていたり、効果が期待できる成分ですが、各々がバラバラに働きかけるわけではありません。
  • ホルモンバランスの乱れ、抗酸化、抗炎症、血流、免疫など女性の抜け毛の原因となる症状も別々に分けることができるものでは無く、全ての症状は互いに相関関係があります。
  • ビュリクシールに含まれる成分もお互いに補完し相乗効果を上げる組み合わせとしてPrincipium社の研究開発部が長年の研究を通じて発見した最適の抜け毛対策コンビネーションです。
  • Principium社はこの組み合わせにより女性の抜け毛という現在の学会でもメカニズムが明確にされていない分野においてヒト臨床試験により画期的な効果を上げています。