他原料比較

インビトロ試験・5αリダクターゼの活動を抑制・DHT生成抑制

薄毛の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)生成の抑制が確認されています。

インビトロ試験・5αリダクターゼの活動を抑制・DHT生成抑制

ビュリクシール VS ノコギリヤシ、フィナステリド(医薬品)
ビュリクシール添加により、薄毛の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)生成の抑制に関し、フィナステリド、ノコギリヤシと同様の効果が確認されました。

フィナステリド

医薬成分であり食品には使用できません。加えて長期摂取は男性機能に影響を与えるため長期摂取ができません。フィナステリドは高価。(同試験では必要量以上が添加されています。)

ノコギリヤシ

ノコギリヤシの一定量以上の摂取は妊娠女性には禁忌とされ、しかも5αレダクターゼIとIIの両方を抑制することにより皮膚での皮脂の分泌を促進してしまう恐れがあり、それにより頭皮による皮脂の分泌も促進し抜け毛対策には問題が生じることが考えられています。そのうえ、髪の毛が脂性髪、べたべたのオイリーヘアとなってしまうことがあります。
ノコギリヤシを一定量以上摂取するとの既述の頭皮の皮脂分泌を促進する他に顔の皮脂分泌を促進→ニキビなどの恐れ、などの副作用が懸念されます。

ビュリクシール

ノコギリヤシが含まれるが既述の副作用が生じない程度に抑えられています。
ビュリクシールを使用すると頭皮の皮脂が減少することも確認されています。(オイリーヘアで毎日髪を洗わないとダメであった女性が髪を洗わなくても大丈夫になっています。)